キャレフランボワーズ 


台風一過で暑さがさらに増して“夏‼️”真っ盛りですが、今回はフランボワーズが赤く燃え上がるようなキャレフランボワーズの紹介です。


この生菓子は一見すっきりとしたように思えますが、食べてみるとびっくり色々な美味しさの要素がたくさん含まれております。


キャレフランボワーズ 

carré framboise


まず、土台は生菓子なのにnonoの焼き菓子を存分に味わえる厚焼きサブレ。ただサクサクなだけじゃない、美味しさが後から後から追いかけてくる贅沢なサブレでしっかりとケーキを支えます。


その上にはフランボワーズの旨みを凝縮させた自家製コンフィチュール。甘みと酸味の黄金比‼️


そしてそのフランボワーズのコンフィチュールをnonoの定番になりつつあるビスキュイジョコンド(アーモンド入りのリッチなスポンジ)でサンド。食べ進めると、ふんわりとそよ風のようなアーモンドの香りが吹き抜けます。


この土台のサンドイッチも商品にできないんですか⁉️なんて声も聞こえてきますが、さらにその上に濃厚ピスタチオクリームを丁寧に美しく配置。ピスタチオのクリームはピスタチオの香りと旨みがしっかりと感じられるように、そしてケーキ全体を柔らかく包みこめるよう、深みのある優しさを残した仕上がりになっております。


最後は真っ赤に艶やかなフレッシュフランボワーズをトッピングで完成。


最近の発見⁉️ピスタチオって大人なイメージがありますが、お子さまもけっこうお好きですよね。いつもながら、あんなことやこんなこと、そんな想いも込めながらの制作です‼️


見た目のシンプルさや可愛らしさと共に、味の深みや私たちの想いを皆さまに楽しんでいただけることお待ちしております。


今日も1日頑張るぞ‼️なんて日の朝スイーツにもぴったり‼️